鳥山明メモ(2013年)

タグ

[本人]………鳥山明による発言(コメント、対談、インタビュー、書面回答等々)
[被言及]……鳥山明以外による、鳥山明への言及がある発言

『Vジャンプ』2013年5月号、集英社、2013年3月21日発売

『神と神』公開直前

鳥山明先生SP(スペシャル)インタビュー!!![本人]

「いかにも強そうなヤツは実は弱い」っていうのがボクの作品なので。……ナッパとか(笑)。

『ドラゴンボールZ 神と神 オフィシャルムービーガイド』、集英社、2013年3月21日発売

週刊少年ジャンプ2013年4月30日増刊

鳥山明スペシャルインタビュー[本人]

泣かせようとか、感動させようという人は他にたくさんいますので、僕はあくまで娯楽作品でいたいと思っています。

『朝日新聞』2013年3月27日付、朝日新聞社

映画『ドラゴンボールZ 神と神』公開と、展覧会『鳥山明 The World of DRAGONBALL』開催に合わせて行われた朝日新聞の書面インタビューの概要。詳細なやり取りは30日付の夕刊とデジタル版に掲載。

少年のためひたすら描き続けた(38面)[本人]

『朝日新聞夕刊』2013年3月30日付、朝日新聞社

映画『ドラゴンボールZ 神と神』公開と、展覧会『鳥山明 The World of DRAGONBALL』開催に合わせて行われた朝日新聞の書面インタビューの詳細。
回答の全文は朝日新聞デジタルの記事参照。→朝日新聞デジタル:新作映画「原作者の意地」 鳥山明さん独占インタビュー - カルチャー

「ドラゴンボールZ」鳥山明、映画への思い(3面)[本人]

今回の新作映画で初めて脚本段階からかかわっています(鳥山は原作・ストーリー・キャラクターデザインを担当)。

ハリウッドで実写映画のドラゴンボール(2009年)を作るとき、脚本があまりにも世界観や特徴をとらえておらず、ありきたりの面白いとは思えない内容でした。変更案を提示したにもかかわらず、あまり聞き入れてもらえず、結果は案の定、ドラゴンボールとも言えないような内容でした。この経験もあって、原作者にしか描けない世界観とストーリーで意地を見せたい部分もありました。(以下略)

映画に登場する孫悟空の対戦相手「破壊神ビルス」は、猫のようなビジュアルです。何を参考にしているのですか。

悟空らがますます強い相手と戦うと、戦闘の表現が難しくなるのでは?

長くマンガ連載を続けることが出来た原動力は?

ドラゴンボールはどんな存在なのでしょうか。

『漫道コバヤシ』~映画「ドラゴンボールZ神と神」公開記念!出でよ神龍!!鳥山明先生、アンケート答えておくれーーーっ!!!!!SP~、フジテレビ、2013年4月28日放映

再放送

鳥山明へのアンケート[本人]

今回初めて、映画の脚本に深く関わったと伺いましたが、その理由を教えてください

舞台を魔人ブウとの戦いから数年後に設定したのはなぜですか?

新キャラ ビルスとウイスを作り上げる上でこだわった部分はどこですか?

ケンドーコバヤシからの質問[本人]

キャラクターたちのその後の人生を教えてください。※特に、ヤムチャ、天津飯、餃子

もしもDBを書き直すとしたら、やり直したいエピソードはありますか?

DBを実写化するとしたら、どんなキャスティングをしたいですか?

これは、例のとんでもなくすごい出来だった、ハリウッド実写版の時にも少しだけ考えたことがありますが、結局誰も思い浮かびませんでした。ジャッキー・チェンさんが若い頃でしたら、絶対に悟空は彼しかいないと思ったでしょうか。

ちなみに、鳥山先生が出演するとしたら誰の役をやりますか?

自分の原作に自分が出るなんてサイテーだけど、どうしてもというなら武道会を見ている目立たない観客がいいです。

ちなみに、ヤジロベー役にケンドーコバヤシはいかがでしょうか?

もちろんヤジロベーならバッチリだと思います。でもあのキャラクターはなぜか自分の中では存在感が薄く、登場させるのをよく忘れていました。

鳥山先生の中では背表紙にヤジロベーを描いたことを忘れてもう一度ヤジロベーを描くくらい存在感が薄い

ドラゴンボールに願いをかなえてもらうとしたら、何をお願いしますか?

家族、知り合い、みんな元気で!というんじゃつまらないですかね。『話を思いついただけで勝手に原稿を仕上げてくれ!』という願いが叶えばメチャメチャうれしいかも。

鳥山明『ドラゴンボール超画集』、集英社<愛蔵版コミックス>、2013年5月14日第1刷発行

『ドラゴンボール』初の画集(ドラゴンボールに関するイラストのみ収録された初の画集という意味。1990年に出た『鳥山明 THE WORLD』はドラゴンボールはもとより、Dr.スランプ、ドラゴンクエスト、短編読み切り等多様なイラストが収録されていた。)

巻頭言[本人]

鳥山明的超会見(スーパーインタビュー)復刻版[本人]

1995年に発売された『ドラゴンボール大全集』第1巻に掲載されたインタビューを収録。

鳥山明的超会見(スーパーインタビュー)最新版[本人]

2013年になって、ドラゴンボール連載開始から現在までのイラストの事を鳥山先生が振り返る。

第32回施川ユウキ先生インタビュー 【バーナード嬢曰く。/鬱ごはん/オンノジetc……】 | 東京マンガラボ、2013年5月31日

2013年4月に『バーナード嬢曰く。』『鬱ごはん』『オンノジ』の3タイトルの単行本を同時に刊行した施川ユウキ先生へのインタビュー。

『オンノジ』―少女とフラミンゴと世界の終わり―[被言及]

僕の漫画の多くはユートピアを、それもすごく閉鎖的で安定した日常がずっと続くかのようなユートピアを描いています。それが元々何の影響かというと、自分の場合は鳥山明先生です。僕が幼い頃1番最初に好きになった漫画が『Dr.スランプ』なんですが、ペンギン村こそ自分の中にある原体験的ユートピアなんです。
『オンノジ』―少女とフラミンゴと世界の終わり―
施川先生は自身の作品世界に大きく影響を与えた者として鳥山明の名を挙げている。バトルではなくペンギン村に代表されるユートピアを描いた作家として。

『週刊少年ジャンプ』2013年33号、集英社、2013年7月13日発売

巻末コメント[本人]

ちょっと古臭い感じの内容ですが最後まで読んでいただければなぜかわかりますよ<明>
銀河パトロール ジャコ 第1話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年34号、集英社、2013年7月22日発売

巻末コメント[本人]

飼っている生物が多いと連載は大変だ。それなのに今度は鳥をひろってしまった<明>
銀河パトロール ジャコ 第2話の巻末コメント

巻末コメント[被言及]

少し遅いですが、鳥山明先生と一緒に雑誌に載ってるなんて驚愕です。感謝!!<直志>
『ニセコイ』の古味直志先生のコメント

『週刊少年ジャンプ』2013年35号、集英社、2013年7月29日発売

巻末コメント[本人]

ボクの知ってる限りジャンプの作家達はみんな気のいい連中ばかりでとても感心<明>
銀河パトロール ジャコ 第3話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年36号、集英社、2013年8月5日発売

巻末コメント[本人]

我が家の猫は超寒がりなので真夏でもひなたぼっこをする。見ている方が暑苦しい。<明>
銀河パトロール ジャコ 第4話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年37+38号、集英社、2013年8月12日発売

巻末コメント[本人]

仕事で追い込まれると寝ても続きを描いている夢を見る。起きるとガッカリだ。<明>
銀河パトロール ジャコ 第5話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年39号、集英社、2013年8月26日発売

巻末コメント[本人]

この季節は家にヤモリがよく出る。猫がいるので捕まえて逃がすのが僕の役目だ<明>
銀河パトロール ジャコ 第6話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年40号、集英社、2013年9月2日発売

巻末コメント[本人]

ゴキブリを素手で退治するとドン引きされる。頼まれたからやってあげたのに。<明>
銀河パトロール ジャコ 第7話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年41号、集英社、2013年9月9日発売

巻末コメント[本人]

酒場のお姉さんからなぜか手紙がくる。偽者がいるようだ。僕は飲みに行かないし <明>
銀河パトロール ジャコ 第8話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年42号、集英社、2013年9月14日発売

巻末コメント[本人]

先日1年ぶりに2日間だけ休みを取ったがやりたい事が多すぎ迷っただけで終了。<明>
銀河パトロール ジャコ 第9話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年43号、集英社、2013年9月21日発売

巻末コメント[本人]

忙しくてプラモが作れず溜まるばかり。何回か生まれ変わらないといけないな。<明>
銀河パトロール ジャコ 第10話の巻末コメント

『週刊少年ジャンプ』2013年44号、集英社、2013年9月30日発売

巻末コメント[本人]

ずっと描きたかったライトな漫画絵本が完成して大満足!ご愛読?ありがとう!<明>
銀河パトロール ジャコ +1話(最終話)の巻末コメント

巻末コメント[被言及]

ジャコお疲れ様でした!!憧れの鳥山明先生と同じ誌面に掲載出来て光栄でした!!<隆平>
『べるぜバブ』の田村隆平先生のコメント

ジャンプ・コミック出版編集部・編『DRAGON BALL Z 神と神 アニメコミックス』、集英社<ジャンプコミックス>、2013年10月9日第1刷発行

2013年3月30日に公開された映画『神と神』のアニメコミックス。巻末に「鳥山明先生神級(かみきゅう)インタビュー」収録

鳥山明先生神級(かみきゅう)インタビュー[本人]

映画制作に参加したご感想は?

どういうスタンスで作業をしたのですか?

「破壊神」と聞いて、鳥山先生から提案したアイディアは?

ビルスのバトル演出で要望したことは?

「完全悪ではない」敵キャラクターを作った理由は?

ビルスのお気に入りのシーンは?

ビルスの星のモチーフは?

ゴッドのビジュアルの着想は?

「6人のサイヤ人」という設定にした理由は?

破壊神ビルスと比較してゴッドの強さは?

ゴッドの悟空がビルスに負ける結末にした理由は?

悟空は今後もゴッドに変身できますか?

今後、他のサイヤ人もゴッドになれる可能性はありますか?

もし次回作があれば、関わりたいですか?

『ドラゴンボール』の今後の展開は?

鳥山先生にとって『ドラゴンボール』という作品とは?

最後に読者にメッセージをお願いします。

『週刊少年ジャンプ』2013年46号、集英社、2013年10月12日発売

巻末コメント[被言及]

『ジャコ』最終回、スタッフ含め大興奮!!鳥山先生、本当にお疲れ様でした!!<斉史>
『NARUTO』の岸本斉史先生のコメント

『Vジャンプ』2013年12月号、集英社、2013年10月21日発売

銀河パトロールジャコ完結記念特集に鳥山明へのQ&Aコーナーあり

鳥山明へのQ&A[本人]

登場人物の名前の由来は?

今回、タイツ以外はすべて『食』関連の名前に統一しました。統一してしまえばネーミングを考えるのがラクなので、いつもこの手法です。
ジャコ→ちりめんじゃこ、大盛→飯の量の「大盛り」、固茹→固茹で卵。Wikipediaのジャコ記事で登場人物の名前の由来の出典を出す時はVジャンプ2013年12月号の鳥山明コメントが使える事になった。

宇宙船やジャコのカラダに描かれたマークの意味は?

自分の中では銀河パトロールはこういうマークなんです。親友の桂正和先生に書いた原作の『さちえちゃんグー!!』や、『ジヤ』に出てくる銀河パトロールも、これに近いマークです。
『さちえちゃんグー!!』は『ジャンプスクエア』2008年5月号掲載、『ジヤ』は『ヤングジャンプ』2010年2・3合併号~6号掲載。

地球がラディッツやベジータたちに襲われていた時、銀河パトロール隊は何をやっていた?

銀河パトロールといえども、サイヤ人には子供の時以外は歯が立たないし、絶滅爆弾も効かないのです。もちろんフリーザなどは「見て見ぬふり」をするしかないですね。

最終話で『DB』とリンクさせた理由は?

このマンガの舞台はやや古い設定の方がしっくりくるのでそうしたのですが、そのままだとただのレトロ好きなオッサン漫画家になってしまうので、古い設定の理由付けが必要かと思い、ちょっとしたサプライズのつもりで付け足しました。ですから最後の1話はオマケ扱いにしたのです。(ところでブルマに歳の離れた姉がいたってことは、ブルマの両親って『神と神』の時点では少なくても70歳以上の高齢になってしまうけど、見た感じそうは見えなかったなあ…。まあ、なんといってもすごい発明家だからね(ハート))

『ジャコ』の物語を思いついたきっかけは?

10年ほど前に、ほぼこんな内容の原作用シナリオを書いていました。昔からこういうどうでもいいような宇宙人モノが大好きなんです。ただ原作なので、もう少しハデでテンポがスピードアップされてはいましたが。実は今回の短期連載では別の内容でいくつもりだったんですが、たまたま偶然に映画『ドラゴンボールZ神と神』の破壊神と被ってしまう部分があったので、ジャコに変更したのです。ただし今回はペン入れするのも自分ですから、さらに自分好みに地味でノンキな内容に書きかえています。

自分のマンガに1番影響を与えた人物・作品などは何でしたか?

世界中のマンガの中で一番好きな主人公とヒロインを教えてください。

好きなマンガはありますか?

好きなゲームはありますか?

『ジャコ』を描き終えた感想は?

時間を掛けて最後まで一人で描き上げる事が出来たので感無量です。同じように短期連載で描き上げた『COWA!』『SAND LAND』とともに大好きな作品です。ただし、どれも残念ながら人気はありませんが!! 実は自分的にはハデなマンガより、こういうどうでもいい感じのマンガに燃えるんです。基本的にへそ曲がりなので、何事も自分の感覚は世間とはずいぶん違っているようです。
『COWA!』は『週刊少年ジャンプ』1997年48号~1998年15号掲載、『SAND LAND』は『週刊少年ジャンプ』2000年23号~36・37合併号掲載

今回登場したブルマは、後に『DB』で色々な活躍をしましたが、先生の設定の中で、「タイツ」はその後、何をしているのでしょう?

ジャコの好物がミルクとチーズなのは?

銀河パトロールの隊員はみんな同じ宇宙人なのですか??

最後にVジャンプの読者にメッセージを!

『MEN'S NON-NO』2014年1月号、集英社、2013年12月10日発売

183~187ページに鳥山明のロングインタビュー収録。

「あの人に会いたい Special」Vol.25 鳥山明[本人]

鳥山明メモに戻る
トップに戻る
inserted by FC2 system