「松永弾正爆死説」検証

松永久秀は名物「平蜘蛛」を打ち壊した?爆破した?本郷和人、ゆうきまさみ氏らが考える - Togetterまとめ

作:工藤かずや、画:池上遼一『信長』第7巻、小学館<ビッグコミックス>、1990年3月1日初版第1刷発行。

弾正・反逆の章

平蜘蛛以外の茶器を砕き、平蜘蛛には火薬を詰めて松明の火で点火して爆死(154~158頁)

戦国BASARA

(未確認)

(未確認)

信長の野望

(未確認)

(未確認)

炎の蜃気楼 まほろばの龍神

1991年(未確認)

(未確認)

山田芳裕『へうげもの』第1巻、講談社<モーニングKC>、2005年12月22日発売

発行日は未確認

第一席「君は"物"のために死ねるか!?」

火薬を詰めた平蜘蛛を体に縛り付け、見開き絵で壮絶に爆死。

平野耕太『ドリフターズ』第3巻、少年画報社<ヤングキングコミックス>、2013年3月18日発売

第35幕「共犯者は笑う」

織田信長「そいつは最後にゃ茶釜に火薬つめて爆死しやがった 一種の化物だな」
サンジェルミ伯「松永弾正(マツナガダンジョー)?あらやだあんなのといっしょ?ヒドいわあ」
織田信長とサンジェルミ伯の会話によると、『ドリフターズ』劇中では松永弾正は茶釜に火薬を詰めて爆死した模様。

軍師官兵衛

2014年(未確認)

(未確認)

『コミック乱ツインズ』2016年2月号、リイド社、2016年1月13日発行・発売

原作:坂岡真、漫画:橋本孤蔵『鬼役』第29話「流転茄子」

平蜘蛛を腹に抱いて爆死する松永弾正久秀が描かれている(173頁)

『コミック乱ツインズ 戦国武将列伝』2016年6月号、リイド社、2016年4月26日発行・発売

喜国雅彦『松永久秀になりたかった男』

ナレーション「信長に謀反を起こし信貴山城に籠城した久秀だったが天正五年(1577)に織田軍に攻撃されて城は落ちた。このとき久秀は信長が欲しがっていた平蜘蛛の茶釜を叩き割り、自ら爆薬に火を放ち、自爆した。」 (221頁)
描写を見ると「爆薬の入った木樽」に火を放って爆死したように描かれている。

平野耕太『ドリフターズ』第5巻、少年画報社<ヤングキングコミックス>、2016年6月6日発売

裏表紙

漂流物&廃棄物こうほ
No1.松永久秀
・戦国の世を飛びかったボンバーマン
・SEX狂の変態
・息するように謀反
・こいつと美濃のマムシ両方生み出す京都西岡って魔界か何かか
このように3巻に引き続き完全に爆死説が前提で描かれている
トップに戻る
inserted by FC2 system