フィクションにおける出産

「出産過程の描写(陣痛・分娩・帝王切開)」が含まれるもの

石渡治『B・B』第14巻、小学館<少年サンデーコミックス>、1988年3月15日初版第1刷発行

「逃亡」

「誕生、そして地獄へ」

松原小雪
女の子を出産する(後に『LOVe』の主人公となる高樹愛)

うえやまとち『クッキングパパ』第21巻、講談社<モーニングKC>

COOK.204「感謝感謝のおめでたバーガー」

荒岩虹子
高齢出産のためか分娩がなかなか進まず、帝王切開にて女の子(みゆき)を出産した。

浦沢直樹『YAWARA!』第22巻、小学館<ビッグコミックス>、1992年7月1日初版第1刷発行

「秘策ありぢゃ!!」

「わたしがママよ!!」

伊東(花園)富士子
陣痛、分娩描

太田垣康男『一平』第18巻、双葉社<アクションコミックス>、1997年11月11日第1刷発行

第188話「LAST ACTION48 ラスト・ステージVII」

桜井かのこ
(第17巻第176話)→男の子を無事出産していた。

巻来功士『ゴッドサイダー』第3巻、集英社<ジャンプコミックスセレクション>、1997年11月24日第1刷発行

巻来功士『ゴッドサイダー』「魔の伯爵!!の巻」

巻来功士『ゴッドサイダー』「魔神誕生!!の巻」

蘇聴(リリス)
口から赤子(大神魔王パズス)を産んだ。(魔王の仮の姿である山犬を喰らう事で赤子を宿したため。口から入ったものは口から出る。)

田口雅之『バロン・ゴング・バトル』第2巻、秋田書店<少年チャンピオン・コミックス>、1998年7月5日初版発行

Battle.9/神々の黄昏

マチルダ・ラング
ネオ・ヒュームNo.7。子供を産みおとすが、赤子の体は形を保てずに崩れ落ちた。(ネオ・ヒュームは子孫を残せない)

真鍋譲治『銀河戦国群雄伝ライ』第20巻、メディアワークス<DengekiComicsEx>、1999年4月25日第1刷発行

邑峻(ユウシュン)
羅候(ラコウ)との五つ子を無事出産

板垣恵介『グラップラー刃牙』第41巻、秋田書店<少年チャンピオン・コミックス>、1999年8月20日初版発行

第355話「シークレットウォー・イン・ベトナム(9)」

ジェーン
範馬勇次郎に強姦されて妊娠。刑務所の牢屋内で自力で出産した。(産まれた子がジャック・ハンマー)

江川達也『ラストマン』第5巻、講談社<ヤンマガKC>、1999年9月6日第1刷発行

LAST55:DELIVERY

高橋良美
鳥の怪人アレックスと交わって卵を産み落とした。

能田達規『おまかせ!ピース電器店』第11巻、秋田書店<少年チャンピオン・コミックス>、1999年発行

第98話「安さんのバウバウ子育て日記」の巻

陣痛描写あり

江川達也『東京大学物語』第34巻、小学館<ビッグコミックス>、2001年4月1日初版第1刷発行

第369回「破水」

第370回「出産」

水野遥
自宅・助産師無で自力出産

原作:小宮さなえ、漫画:野々村秀樹『ファントム零』第2巻、秋田書店<少年チャンピオン・コミックス>、2001年4月15日初版発行

Episode.3「さらら⑤」

倉橋さらら
戦略人間兵器ES=12 コードネーム「イブ」。短時間に凶暴・強力な赤子を多数産み落とした。

緋采俊樹『ゲッチューまごころ便』第15巻、秋田書店<少年チャンピオン・コミックス>、2001年10月15日初版発行

GIFT132「まごころ」の母

後藤灯萌(ごとうともえ)
長女の火呼(かこ)の出産時:陣痛描写あり、分娩描写なし。
長男の紅男(べにお)の出産時:自宅分娩描写あり。

楳図かずお『14歳』第4巻、小学館<小学館文庫>、2001年11月10日初版第1刷発行

「第三章 不老不死の血」13

「第三章 不老不死の血」14

戸川洋子(ヨッコ)
14歳の彼女が不良ロッカーと寝て妊娠、体育倉庫で出産した。

荒川弘『鋼の錬金術師』第5巻、スクウェア・エニックス<ガンガンコミックス>、2003年7月22日初版

第18話「誠意の価値」

第19話「あんた達のかわりに」

サテラ
予定日よりも早く陣痛が起こるが、無事に生まれた。

『週刊少年チャンピオン バトル増刊 バトリズム』、秋田書店、2004年発行

板垣恵介『バキ外伝 ~範馬勇次郎誕生~』

範馬勇次郎の母親
範馬勇次郎が産まれる時、産婆は「俺を取り上げろ!!!失敗は許さないッッッ無事に取り出せッッ」という赤子の命令が聞こえたという。

橋口たかし『焼きたて!!ジャぱん』第14巻、小学館<少年サンデーコミックス>、2004年11月15日初版第1刷発行、2004年12月25日第2刷発行

第121話「素敵な指輪」

モナコ王妃(ピエロ・ボルネーゼの母)
出産予定日よりもかなり早い時期に破水した。

第122話「手作りの味」

モナコ王妃(ピエロ・ボルネーゼの母)
胎盤剥離が原因と思われる出血で危険な状態に陥ったものの、母子共に助かった(どのようにして助かったかは不明)。

星野之宣『神南火―忌部神奈・女の神話シリーズ―』、小学館<ビッグコミックススペシャル>、2004年12月1日初版第1刷発行

第1話「神南火[前編]」

紀元4世紀のパレスティナ・エルサレムに住む少女。
第1話の冒頭にて陣痛に苦しむ少女が描かれる。その後の登場人物の会話によって、その少女は難産によって死亡した事が示唆される。親は娘の苦しみを和らげる為に大麻を焚いたものと推定される。実際にエルサレム近郊の遺跡で古代の妊婦と胎児の骨が発掘されており、それをもとにしてこのシーンが描かれたものと思われる。

冨樫義博『HUNTER×HUNTER』第21巻、集英社<ジャンプ・コミックス>、2005年2月9日第1刷発行

No.212「破水」

No.213「誕生」

キメラアントの女王
王が女王の腹を突き破って誕生。女王は内蔵を損傷し命を落とす。

中山星香『妖精国の騎士』第22巻、秋田書店<秋田文庫>、2005年2月10日初版発行

PART10「夢見る輝睡蓮(はな)と歌う妖花(はな)」

グレアナ妃
闇の魔物と交わって出来た魔の子を出産しようとするが、闇の力が暴走して彼女とその居城ごと吹き飛んでしまった。

アニメ『タイドライン・ブルー』、テレビ朝日、2005年7月放映

vol.1「Spirit 浮上する亡霊」

母親:イスラ
予定日は一ヶ月後であったが、出血性ショックで産気付きそのまま出産。

米原秀幸『南風!BunBun』第4巻、秋田書店<少年チャンピオン・コミックス>、2006年4月10日初版発行

問題27:せいち

蘭崎加世子(らんざき かよこ)
米軍基地跡の酒場だった建物にて出産。子供は無事だったものの母親は間もなく死亡。

板垣恵介『範馬刃牙』第2巻、秋田書店<少年チャンピオン・コミックス>、2006年5月5日初版発行

バトル増刊バトリズムの『バキ外伝 ~範馬勇次郎誕生~』を収録

板垣恵介『バキ外伝 ~範馬勇次郎誕生~』

内容については(週刊少年チャンピオン バトル増刊 バトリズム)を参照の事

楠桂『ガールズザウルスDX』第7巻、小学館<サンデーGXコミックス>、2007年7月24日初版第1刷発行

Round42「聖母ザウルス」

陣痛、会陰切開、鉗子、クリステレル圧出等の描写あり。

アニメ『シグルイ』第五景「秘剣伝授」、WOWOW、2007年8月放映

お蓉(およう)
通常よりも半年も長い妊娠の後に男の子(伊良子清玄)を自力で出産。この出産シーンは原作漫画には無い。(血まみれの赤子が描かれたコマのみ)

栗本薫『サイロンの光と影(グイン・サーガ121)』、早川書房<ハヤカワ文庫JA>、2008年6月10日印刷、2008年6月15日発行

第四話「審問」

母親:シルヴィア
妊娠8か月での早産になったが母子ともに無事

井上智徳『COPPELION』第4巻、講談社<ヤンマガKC>、2009年7月6日第1刷発行

Mission.13「第一師団の秘密」

梶井息吹
陣痛発生。

Mission.14「非常事態」

息吹の陣痛はなんとか治まったが、もっと陣痛の波が早くなる事は確実。

井上智徳『COPPELION』第5巻、講談社<ヤンマガKC>、2009年10月6日第1刷発行

Mission.24「タエ子の決意」

息吹の陣痛が再び本格化

井上智徳『COPPELION』第6巻、講談社<ヤンマガKC>、2010年1月6日第1刷発行

Mission.26「記念写真」

息吹の陣痛間隔が10分おきにまで縮まる。

Mission.28「戦闘開始!」

破水して羊水が抜ける。

Mission.31「激走!スワンボート」

息吹の子宮口はまだ広がらない。

井上智徳『COPPELION』第7巻、講談社<ヤンマガKC>、2010年5月6日第1刷発行

Mission.41「遥人、走る」

まだ赤ん坊は母体から出てこない。(助産師のあやめ婆さんに言わせると「まだ難産とは言えないねぇ!」との事)

井上智徳『COPPELION』第8巻、講談社<ヤンマガKC>、2010年9月6日第1刷発行

Mission.49「電車到着!」

赤ん坊はまだ出てこない。

Mission.51「涙を拭いて」

あやめ婆さんの経験則によると、このままじゃ息吹とその赤ん坊の両方が無事じゃすまない状態になっている

Mission.52「白の世界」

赤ん坊の首にへその緒が巻き付いて分娩が進まない状態。帝王切開手術が必要。

Mission.53「副都心へ」

帝王切開手術中。

井上智徳『COPPELION』第9巻、講談社<ヤンマガKC>、2011年1月6日第1刷発行

Mission.59「終点、新宿」

タエ子の帝王切開手術が成功し、無事に双子が生まれた。母親も無事。(アニメ版では第7話「遥人」~第13話「天使」のあたり)

アニメ『GOSICK-ゴシック-』、バンダイチャンネル

2011年放映の日本のアニメ。

第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」

母親:コルデリア・ギャロ
鎖に繋がれた異様な状況の中、女の子(ヴィクトリカ)を産む。

萩尾望都『王妃マルゴ』第1巻、集英社<愛蔵版コミックス>、2013年1月30日第1刷発行、2015年3月21日第6刷発行

第4章

母親:マドモアゼル・ド・リムーユ
とあるパーティの席上、急に産気づきその場で出産。

アニメ『HUNTER×HUNTER』、日本テレビ、2013年7月28日放映

2011年開始の日本のアニメ。

第90話「リソク×ト×ジュバク」

キメラアントの女王
漫画のNo.212「破水」~No.213「誕生」に相当

アニメ『HUNTER×HUNTER』、日本テレビ、2013年8月4日放映

2011年開始の日本のアニメ。

第91話「キョウシャ×ト×ジャクシャ」

キメラアントの女王
漫画のNo.212「破水」~No.213「誕生」に相当

映画『パシフィック・リム』、2013年8月9日日本公開

2013年のアメリカ映画
配給:ワーナーブラザーズ
監督:ギレルモ・デル・トロ
オオタチ(怪獣)
香港の戦いでジプシー・デンジャーのチェーンソードに真っ二つにされた怪獣オオタチ。実はオオタチは妊娠していてその亡骸から赤ちゃん怪獣が出て来てしまったが、まだ体が未成熟だったのとへその緒が首に絡まった事で誕生後わずか数分で死亡した。

映画『マン・オブ・スティール』、2013年8月30日日本公開

2013年のアメリカ映画
配給:ワーナーブラザーズ
ララ・ロー=ヴァン(クリプトン人)
生殖が人工的に管理されたクリプトン星では異例の自然出産で男の子(カル=エル、後のスーパーマン)を産み落とした。

源氏物語

『源氏物語』第九帖「葵」

葵の上
源氏の子である夕霧を産んだ後に亡くなった。

『レギオン』、テレビ東京、2013年12月2日放映

2010年のアメリカ映画。「午後のロードショー」枠で放映。
母親:チャーリー
妊娠8ヶ月で産気付いて、砂漠のど真ん中のダイナー(レストラン)で赤ちゃんを出産。母子ともに無事。

『コミック乱ツインズ』2014年8月号、リイド社、2014年7月14日発行・発売

原作:さいとう・たかを、作画:岡村賢二、脚色:増田貴彦『新・影狩り』第三十六話「決戦(前編)」

母親:峰
⇒天井からぶら下がった綱を握って力を込め、男の子を産み落とした。

母親:雪乃
⇒布団を握りしめて力を込め、男の子を産み落とした。

江戸城の大奥において2人の女が同時に男児を出産した。いきむのに便利な綱が用意されていた峰と、(綱がなくて)布団を握りしめるしかなかった雪乃との扱いの差から、大奥内における上下関係がうかがえる。

『コミック乱ツインズ』2014年9月号、リイド社、2014年8月12日発行・発売

シナリオ:梶研吾、作画:かどたひろし『そば屋幻庵』第73話

母親:かなえ
男の子を出産。大変な安産で母子ともに健康。

『別冊ビッグコミック ゴルゴ13シリーズ』No.185、リイド社、2014年9月13日発売、2014年10月13日発行。

さいとう・たかを「ジンネマンの1時間」

低血糖症の妊婦が車で病院に向かう途中に意識を失い車は電柱に激突。母子ともに危険な状況であったが、通りがかった医者に助けられ無事子供を出産する。

(2010年6月作品)

『戦国武将列伝』2015年4月号、リイド社、2015年2月26日発行・発売

北崎拓『井伊家の童女(わらべ)』

母親:井伊直虎
男の子(直政)を出産。布を噛んでいきむ描写1コマあり。なお『直政を産んだのは直虎』というのは、あくまでこの漫画内での創作設定である。

アニメ『鬼灯の冷徹』、とちぎテレビ、2015年11月12日放映

第6話-A「地獄アイドルピーチ・マキ」

母親:クッキー(犬)
ラマーズ法で出産する描写

『週刊アサヒ芸能』2015年11月26日号、徳間書店、2015年11月17日発売

相原コージ『コージジ苑』第39回

4コマ「一人っ子政策廃止」
中国政府が一人っ子政策の廃止を発表し、第二子までの出産を認める→女の股から赤ん坊がスポーンと産まれる→中国政府が全ての夫婦が子供を無制限に産む事を認める→女の股から大量の赤ん坊がスポポポーンと産まれる

ドラマ『超能力ファミリー サンダーマン シーズン2』、Eテレ、2016年2月3日放映

第23話「新ヒーロー誕生 パート1」

Season2-24 "A Hero Is Born"の前半部分に相当
母親:バーブ・サンダーマン
妊娠発覚のその日に臨月を迎える(スーパーヒーローだから)。ハンクが車でヒーロー専門の病院に連れて行こうとするもバーブの放電で車が故障。やむなく自宅でクロエ(三女・第五子)を出産する。すさまじい放電をしながら出産するバーブの姿はサンダーマン一家を震え上がらせた。

『真田太平記』4号、朝日新聞出版、2016年3月28日発売

原作:池波正太郎、漫画:細川忠孝『真田太平記』第30話「鈴木主水」

母親:真田源二郎の生母
源二郎を産む一年前に男児を産む(死産)描写。

『週刊少年チャンピオン』2017年11号、秋田書店、2017年2月9日発行・発売

浦田カズヒロ『JINBA』第1R「夢乃サラとケンタウロス競走馬」

冒頭、馬がケンタウロスを出産。

アニメ『ドラゴンボール超』、フジテレビ、2017年3月26日放映

第83話「第7宇宙代表チームを結成せよ!最強の10人は誰だ!?」

母親:ブルマ
ウイスの力により、あっという間にブラが誕生した。

アニメ『鬼平』、テレビ東京、2017年3月28日放映

第12話「あきれた奴」

母親:おみつ(原作では「みつ」)
難産の末、男の子を産み落とすと同時におみつは息を引き取り、赤子もその日のうちに亡くなった。
トップに戻る
inserted by FC2 system