役不足メモ

誤用されている形しか見ない感のある「役不足」。正しく使用する人は少ない。
正しく使用されている場合は●で印を付けている。

宮下あきら『魁!!男塾』第8巻、集英社<ジャンプ・コミックス>、1987年9月15日第1刷発行

死の島・燦(火焦)六極星闘の巻

伊達「虎丸 おまえでは役不足だ 俺とかわれ」
虎丸「こ この俺がや 役不足………!!て てめえこの俺をなめとんのかーっ!!」

死鳥の羽撃きの巻

虎丸「トップバッターは この俺だ 伊達おまえは降りて 俺が役不足かどうかよーく目ン玉あけて見ていろよ」

吉川英治『三国志』第2巻、講談社<吉川英治歴史時代文庫>、1989年4月11日第1刷発行

草莽の巻「平和主義者」

紀霊は、「呂公、呂公、何科あって、君はこの紀霊を、殺そうとし給うのか」と、悲鳴を上げた。
呂布は、くすくす笑って、「君を殺す理由はない」
「では玄徳を殺す計で、あれに招いておるのか?」
「いや、現得を殺す気もない」
「しからば……しからば一体どういうおつもりで?」
「双方のためにだ」
「分らぬ。まるで狐につままれたようだ。そう人を惑わせないで、本心を語って下さい」
「おれの本心は、平和主義だ。おれは元来、平和を愛する人間だからね。――そこで今日は、双方の顔をつき合わせて、和睦の仲裁をしてやろうと考えたわけだ。この呂布が仲裁では、君は役不足というのか」 (418頁)
上記のように戦前・戦中の連載小説でも「誤用としての」役不足が確認できる。

平井一郎『眼力王』1巻、講談社<ヤンマガKCスペシャル>、1989年10月17日第1刷発行

第2話「ロンリーガイだぜ眼力王」

『眼力王』とは1989年~1990年にヤングマガジンに連載された平井一郎による漫画作品である。X-MENのサイクロップスに似た能力を持つ「眼力王」が騒動を引き起こす。そんな眼力王が以下のような台詞を言う場面がある。
オレの視線を受けるにはっ君の瞳じゃ役不足さ!! (21頁)

作:久保田千太郎、画:久松文雄『コミック人物中国史 項羽と劉邦―漢楚の興亡』上巻、文藝春秋、1989年12月20日第1刷発行

●第三章「沛県城乗っ取り」

蕭何「おことばではございますが閣下。劉邦は決しておっしゃるようないいかげんな男ではございません。彼が役目をほうり出し飲んだくれていたのはいなか亭長など役不足だったからです」 (127頁)
これは正しい使用例。「大人物がつまらぬ事をさせられてる」というシチュエーションで使えばまず誤用する事は無い。

宮下あきら『魁!!男塾』第24巻、集英社<ジャンプ・コミックス>、1990年5月15日第1刷発行

見えない絆!!の巻

虎丸「な なぜ止めやがる桃ーっ!!こ この俺じゃ役不足とでもいうのかーっ!!」

井上雄彦『SLAMDUNK』第13巻、集英社<ジャンプ・コミックス>、1993年6月9日第1刷発行

#110「ゴリの穴」

流川楓「てめーだけじゃ役不足だ」 (58頁)

冨樫義博『幽☆遊☆白書』第16巻、集英社<ジャンプ・コミックス>、1994年3月9日第1刷発行

「コエンマの本気!!の巻」

浦飯「てめーじゃ役不足だっつってんだよバカ野郎」 (80頁)

小川悦司『中華一番!』第1巻、講談社<講談社コミックス>、1996年2月16日第1刷発行

●第1話「菊下楼を救え!!」

古来すぐれた料理人は味の記憶・心象(イメージ)だけで全ての構成素材にまでさかのぼれるといわれる・・・私ですら解けなかった"大豆肉"を十年も前の味の記憶からよみがえらせたあの少年には四川省随一の菜館さえ役不足かもしれぬわ・・・ (82頁)

「役不足」が正しく使われている事例。「才能>役割」という図式で考えるとわかりやすい。

原作:梶原一騎、作画:原田久仁信『プロレススーパースター列伝』第4巻、講談社<講談社漫画文庫>、1996年11月12日第1刷発行、1998年1月23日第2刷発行。

インドの狂虎!タイガー・J・シン 7

わたしとシンの抗争は果てしなくつづく!!上田が相棒として役不足とみるや、上田とも仲間割れの大ゲンカをやらかし、ふたたび一匹猛虎となったシンは、その後も、わたしと一進一退の死闘を展開!一人のレスラーをこれほど長期間ねらった例はプロレス史上でもめずらしいだろう。彼の執念には敬服しておく。アントニオ猪木(談) (264頁)
ここで出てくる上田とは上田馬之助の事である

小川悦司『真・中華一番!』第8巻、講談社<講談社コミックス>、1998年8月17日第1刷発行

第61話「決戦、長江火工勝負!!」

アルカン「さて―料理の審査員だが―劉 昴星(リュウ マオシン)!!貴様の身内にやってもらうとしよう!!」
マオ「!!」
メイリィ「な なんてものすごい自身‥!!」
シロウ「やっぱシャンとはちがうぜ‥」
レオン「そうだ これまでの"裏"厨師とはケタが違う 絶対不敗!!―それが『五虎星』の代名詞なんだ!!」
アルカン「"七星刀"のレオン!! "表"と"裏"の狭間にあり情緒不安定な貴様ではこの判定役は務まらん チョウユの娘メイリィ "陽泉"見習いシロウ 貴様らの未熟な舌では役不足だ 従ってこの勝負の審査は―大陸中の味を知り確かな舌と判断力を備えた特級面点師―"鋼棍"のシェル 貴様に依頼しよう」
2年半前で出た『中華一番!』第1巻では「役不足」が正しく使われていたが、何故かこの巻では誤用としての「役不足」が使われている。

高橋和希『遊☆戯☆王』第11巻、集英社<ジャンプ・コミックス>、1999年1月13日第1刷発行、2000年1月19日第9刷発行。

遊闘(バトル)94「迷宮の魔術!!」

城之内「オレが場に出しているしもべは「アックス・レイダー」一体 遊戯をサポートするにも駒一体じゃ役不足だぜ!!」 (136頁)

天獅子悦也、安藤満協力『むこうぶち 高レート裏麻雀列伝』第2巻、竹書房<近代麻雀コミックス>、2000年12月7日初版発行、2004年4月16日第10刷発行。

第13話「雀荘殺し・3」

安永「虎の敵になる資格があんのは…このオレでも役不足か………傀」 (133-134頁)

天獅子悦也『麻雀破壊神傀 異邦からの侵略者』、竹書房<バンブー・コミックス>、2011年4月22日初版第1刷発行、2014年3月12日第3刷発行。

雀荘殺し・3

内容については(天獅子悦也、安藤満協力『むこうぶち 高レート裏麻雀列伝』第2巻、竹書房<近代麻雀コミックス>、2000年12月7日初版発行、133-134頁)を参照

冨樫義博『HUNTER×HUNTER』第30巻、集英社<ジャンプ・コミックス>、2012年4月9日第1刷発行

No.319「抽選」

ボドバイ(辰)「納得いかぬ・・・!!なぜ会長は我らにお声を掛けてくれなんだ」
カンザイ(寅)「同感だ モラウやノヴじゃ役不足」
チードル(戌)「自分で狩りたかったから→辰 役不足の使い方間違い→寅 なのでは?」 (171頁)

「役不足」の誤用が多いというのを踏まえたネタ。前々作『幽☆遊☆白書』での素の誤用と比べると興味深い。

アニメ『HUNTER×HUNTER』、日本テレビ、2014年7月9日放映

2011年開始の日本のアニメ。

第137話「ジュウニシン×デ×ギロン」

原作(No.319「抽選」)の役不足に関するやりとりが出てくる。

項羽と劉邦~秦王朝打倒編<Mナイト>、フジテレビ、2015年6月2日放映

2012年の中国のテレビドラマ『項羽と劉邦 King's War』

●『項羽と劉邦 King's War』第32話「懐王との約束」

懐王「そなたは多くの戦功をあげた。もっと早くほうびを与えるべきだった。」
劉邦「いえ、とんでもございません。」
懐王「謙遜するな。その才覚でただの将軍では役不足ではないか。つねづねそう思っていたのだ。」
「才覚に対して与えられた地位が低い」という意味の正しい意味での役不足の使用例

遊戯王デュエルモンスターズ20thリマスター、テレビ東京、2017年1月21日放映

第100話「恐怖の再生コンボ」

深海の戦士「せめてお前のデッキマスター能力を一度くらいは拝見したいものだがねえ。まあ所詮クリボーでは役不足だろうが」
初放映は2002年3月

遊戯王デュエルモンスターズ20thリマスター、テレビ東京、2017年1月28日放映

第101話「反撃のレインボーアーチ」

闇遊戯「虹色の祝福か…。残念だがこのカードでは今の状況を打ち崩すには役不足だぜ」
初放映は2002年3月
トップに戻る
inserted by FC2 system